Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張講習会in対馬

 主催 :  対馬市美津島町地域子育て支援センター
開催日時:  4月21日(土)10:30~、13:30~の計2回
開催場所:  対馬市美津島町ふれあいプラザ
参加者数:  17名(お子さんを合わせて約30名)
参加スタッフ: Ayutti、Waragon、Yumimi


構想から実現まで実に丸1年!
諫早スリング会始まって以来の大仕事、対馬での出張講習会開催です。
スリングを借り集め、出発2時間前までパソコンにかじりついて資料を作り、スタッフ3名で行ってきました。

前日夕方から飛行機で現地入りし、支援センターで簡単に対馬の子育て事情やセンターの活動内容などを聞き、翌日の資料の準備を打合せました。
美津島町支援センターは、保育園に一部屋借りた事務所だけが活動拠点。そこで2人のスタッフが、とても精力的に活動を展開されています。
センターによると、対馬では核家族が少ないことから祖父母が子育てを引き受ける事が多く、また保育園も簡単に入れることから母親が子育てにあまり携わらないことが多いのだそう。
母親達の交流を図るだけでなく、子育ての楽しさを知らない人にぜひ楽しんでもらいたいという思いで日々活動されているということでした。

今回もスリングの知識だけでなく「母親自身の手でサークルを立ち上げ積極的に育児を楽しんでいる活動」の例として諫早交流会の話を聞きたい、参加者に話して欲しいというのがセンター側の希望でした。
ただ今回は時間もこちらの人数も少なく、スリングの事を教えるだけで手一杯なのは明らか。
そこで、「仲間を集めて楽しく育児しよう!」という内容の資料を作成し、スリング講習の資料と合わせて配布することにしました。



そして迎えた開催当日。
1日で参加希望者全てに対応すべく、会は午前と午後それぞれ1時間半ずつの、2回開催。
諫早のような午後のおしゃべりタイムは取れないけれど、「諫早のように楽しく過ごしてもらおう」と決めて、いつものように全員の自己紹介からスタートしました。

事前に申し込んでいた10名に、当日飛び入りが5名いて、計15名が参加。
全員がほぼ初心者で、スリングを持たない人が半数近く。
対馬にはベビー用品店が無いため市販品所有者は少なく、「手作りしたけれど・・・」という人が多かったです。実は今回奔走してくれた支援センターの職員もその一人で、それを併せると全部で16名に対応することになりました。

次にまた会えるかどうか判らないママたち。伝えられることは今日全て伝えておきたい。
そして今日これなかったママ達に、ぜひこの人たちが正しい知識を伝えて欲しい。
そんな願いを込めながらスタートしました。
自己紹介の後、私たち3人に唯一の現地ユーザーの保険師さんも加わって、皆さんの困っている点を聞き、使い方をチェックしていきました。
妊婦さんも数名参加していたけれど、首据わり前の赤ちゃんを連れた参加者の方々の協力で、全員が実際の子供でスリング抱っこを体験する事ができました。

スタッフはひたすらしゃべり通し。実現まで永い時間をかけたのが嘘のように、瞬く間に終了時間を迎えてしまいました。
ちゃんと全員に、必要な事を最低限でも教えてあげられただろうか・・・。若干の不安が拭えず、翌日も出発ぎりぎりまで会場で待機することにしました。「不安が残る人は明日も来て下さい」と呼びかけ、講習会終了。
その後、取材に来ていた地元のケーブルTVに、大まかな使い方と注意点の映像を収録してもらいました。参加出来なかったママたちに、今後すこしでも参考になれば・・・と思います。

そして翌日、対馬滞在最終日。
昨日の参加者は誰も来なかったけれど、昨日参加出来なかったママが一人、偶然散歩に訪れました。スリングを手作りしたけれどどうもしっくり使えず、今は普通の抱っこ紐を使っていると聞き、さっそく招き入れました。
積極的に試着・質問してくれたので、こちらもはりきってお話。今回はスタッフの実家に滞在という話をしたら「次はぜひウチに泊まりに来て下さい」とも言っていただき感激でした。
合わせて、センター職員の方にもたくさん練習してもらいました。いつか対馬の有志で交流会が立ち上がるまでは、この方々が唯一の頼りです。
ということで今回の対馬講習会受講者は、最終的に17名となりました。

やがて時計は12時を回り、片付けと昼食を済ませてそのまま空港へ向かうことに。
本当にあっという間の3日間でした。



今回の開催で、私達がどれだけの事ができたのかはよく判りません。
でも、最初は緊張の面持ちだったママたちが、帰る頃にはみんな笑顔だった事にホッとしました。
いちばんうれしかったのは、笑顔でメールアドレスを交換し合う参加者の姿が多く見られたこと。スリングの知識よりももっとずっと大切なものを、少しは対馬のママたちに分けてあげられたんじゃないかなぁと思います。
いつか、そう遠くない日にまた訪れたい。その時には対馬でも交流会が発足していることを願って、こちらもできるかぎり応援していきたいと思います。


[Written by Yumimi]


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。