Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/19交流会

開催日時:平成18年9月19日(火)10時30分~14時

開催場所:市民センター(中央公民館)3F和室

参加人数:15名


長崎に台風が上陸した翌々日にもかかわらず、多くの方が参加してくださいました。
しかも6人も新規さんが来てくださって、大賑わいでした。

テレビなどの影響かスリングを出産の御祝いとしてもらったり、作ってもらったりする方が最近多くなってきました。しかし、うまく使いこなせていない方が多いのが現状のようです。
今回の新規の方も4人がすでにお持ちでした。しかし、実際に見てみると、専用のリングを使ってなかったり、ひざのほうが下にきていたり、お母さんの臍の下でだっこしていたり・・。
でもちょっとしてアドバイスでみんな快適に使えるようになったようで「今までの不便さが嘘みたい!」とありがたい言葉を頂くこともできました。

今回目を引いたスリングは、常連さんが作られていた、結婚式用のフォーマルスリングでした。
黒の生地に、カーテン用のレースを重ねて、とてもすてきなスリングができていました。
おしゃれで、どんな服にも合いそうな柄です。
スリングもTPOに応じて使いこなすファッションの一部になっているんだなぁと実感しました。


[Written by Sachi]


スポンサーサイト

9/12交流会

開催日時:平成18年9月12日(火)10時30分~14時

開催場所:西諌早公民館 2F和室

参加人数:数え忘れました(^^; 少人数でのんびりと。

本日は、少人数で、まったりのんびり、おしゃべり会になり、みなさん楽しんでいただけたようです。
西諫早公民館は、隣が図書館なので途中でお子さんと本を見に行ったりもなさってました。
(うちの子も、和室に飽きてしまい、図書館で気分転換しました。)

参加者の新作手作りリング有りスリングが素晴らしかったので報告します!
上下布端(レール)の、赤ちゃんにあたる部分に綿が入ってるのですが、それが、取り外しできるようになっていました。
その仕組みは・・・

まず、キルト綿を細長く畳んだものを薄い布でくるんで縫い、両端にループ状に紐を縫い付けたものを作ります。(二本用意)
そして、スリング本体のレール部分を、この細長いクッションが通せる幅に三つ折りし、両端にクッションを出し入れする穴を残して縫って、できあがりです。

綿の位置をずらして調節したり、暑いから赤ちゃんの足の方にだけ綿を入れたりでき、とても便利でした。

こういう意欲作を見せていただくと、私も作りたい~と思うのですが、なかなか・・・実行できません(‐_‐;



[Written by Ayutti]


9/2交流会

開催日時:平成18年9月2日(土)10時30分~14時

開催場所:子育て支援センター「くるみの家」

参加人数:11名(お子さんを合わせて23名)



気付けば足掛け3ヶ月も開催報告をアップしていませんでした!!
すみません、交流会はちゃんとやってま~す(^^;



さて。今回は土曜の会の報告です。
先月、私が仕事を休めなくなったため土曜の会は急遽中止になってしまいました。
申し込まれていたみなさん、本当に申し訳ありませんでした。
にも関わらず、今回は新規参加の方が5人も来ていただきました。
そして長崎と大村からも参加を頂き、諌早も土曜初参加の方が来られました。
来ていただいた皆さん、ありがとうございました!

2ヶ月の赤ちゃんからもうすぐ3歳のお姉ちゃんまで、月齢も様々のお子さんたちが集まりました。
「くるみの家」はおもちゃがいっぱい!動ける子は楽しそうに遊び、ママはその隙に練習練習♪ 一つの抱き方を試して、赤ちゃんが落ち着かないときはまた別の抱き方に挑戦。
手作り派のママは、市販品・手作り品それぞれ手に取って試着して熱心に研究。
皆さん、それぞれ充実して過ごしていただけたのではないかと思います(^^)

お昼を食べた後は残った人たちでテーブルを囲み、おせんべいを食べながら茶飲み話。こんなのんびりした時間も、また楽しかったです♪
今回お昼をご一緒できなかった人も、次の機会はぜひ一緒に茶飲み話をしたいですね。

ちょっと失敗。一番大きなお姉ちゃんにお庭を教えてあげるのを忘れていました。帰る時、遊具の並んだお庭を見て遊びたがる様子に申し訳なくなりました(>_<)
今度また来て、お庭でいっぱい遊んでいってね。待ってます。



・・・今回、ベビー用品店で売られている「スリングキャリー・ロングテールタイプ」の現物を初めて見る事が出来ました。
「スリングキャリー」シリーズは大手抱っこ紐メーカーが出している商品。そのため、多くのベビー用品売り場で売られていて、今もっとも多くの人の目に触れるスリングではないでしょうか。そこで今回はこの商品について私見を書きたいと思います。

このシリーズ、スタンダードタイプを見るかぎりスリングとしての使い勝手はかなり厳しいと言わざるを得ませんでした。テールが自在に調整できないからです。抱いた後にさっとテールが引けないと、密着した抱っこが出来ません。
ロングテールタイプは、それに比べると改良されていると感じました。テールがより1枚布に近くなり、引きやすさも多少向上していました。
しかし新たに、レール(両サイドの縁)にクッションのスポンジが入っていました。これが引っかかり、ポーチ(赤ちゃんが入る部分)を適正なサイズに縮める事が出来ません。

リング有りスリングは、テールをしっかり引いて赤ちゃんと密着できないと、途端にママの体への負担が大きくなってしまいます。でもこの「ロングテールタイプ」は身長156cmの私がテールを目一杯引いてもゆるゆる。あと30cm近く引かないと密着抱っこが実現しない状態です。しかしスポンジが邪魔でそれ以上調節できませんでした。

また、スリングキャリーは全種類で「セーフティベルト」という安全帯のようなものを装着するよう説明書に書かれています。このベルトを通すためのガイド布が、ポーチ部分に縦に何本も縫い付けられていて、テールを引く時にこの布がリングに引っかかってテールを引くのが困難になります。

以上のことから、赤ちゃんは下の方でぶらぶらのまま。とても手が離せません。
スポンジをテール側から30cmほど取り除き、ガイド布を全て取り払ってしまえば少し使いやすくなるかもしれません。しかしそういった改造をすると、メーカーの保証対象外になってしまいます。難しいところです・・・。


日本での歴史がまだ浅いベビースリング。
最近は街でもずいぶん見かけるようになりましたが、使いやすいスリングはまだまだ少ないのが現状です。そしてほとんどのお店では、ただ商品を並べているだけで実際に使ったスタッフがいません。なので選び方や使い方のアドバイスがもらえません。
今から購入予定の方は、実際のお店でもネット通販でも、使い方をしっかり教えてくれるようなお店を選んで下さいね。

[Written by yumimi]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。